ハンバーガレストラン
スポンサードリンク

2007年04月05日

佐世保バーガー

佐世保バーガー(させぼバーガー)とは、長崎県佐世保市名物の手作りハンバーガーの総称。ひとつの決まったスタイルのハンバーガーを指していうのでなく、佐世保市内の店で提供される「手作りで」「注文に応じて作り始める(作り置きをしない)」こだわりのハンバーガーの総称である。唯一の共通点は、多くの店が独自に調合した甘めのマヨネーズソースをたっぷり使っていることで、これを秘伝としている店も多い。


佐世保は1889年以降、旧日本海軍の鎮守府として栄えた。1945年の終戦後、それらの基地施設を活用するため米海軍が進駐した。米軍属相手に飲食店、バー、キャバレーを営み一山あてようとする日本人も多く、そういった時代背景からハンバーガーが出されるようになったと思われる。朝鮮戦争による特需で、佐世保が好景気に沸いた1950年前後、米海軍よりレシピを教わり作ったのが始まりとする説もあるが、初めて佐世保で手作りハンバーガーを作った店がどこであるのかは定かではない。

これらのハンバーガーは、やがて地元民らにも受け容れられる。マクドナルドなどの大手が全国に根付く以前に、郷土食として親しまれていたことを示すエピソードは、佐世保で耳にすることができる。夜遅くまで繁華街を飲み歩いたお父さんが家族への土産に「ハンバーガー」を持ち帰る家庭もあった。今も中高年世代には「一杯ひっかけた後にハンバーガー」という独特のスタイルを好む人もおり、深夜営業店が多いのはこのためである。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC
posted by ハンバーガ レストラン at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3658010

この記事へのトラックバック